toggle
2010-02-10

コメント

今日は水曜日、ペットハーブセラピストの日です。

前回からハーブ各論が始りました。加藤インストラクターの担当です。

アドバイザーの20種に引き続き今回のセラピストでは30種類のハーブを勉強します。

あまり一般的ではないけれど、欧米のホリスティック獣医師の使用頻度の高いものや

動物に対して使いやすいものを考慮して30種を厳選しています。

その中にソウパルメットというハーブがあります。

和名ではノコギリヤシといって「天然のカテーテル」なんてかっこ悪い

異名さえもっています。

ソウパルメットは加齢とともに問題になる男性の前立腺肥大の治療に使われることで

有名です。なのでサプリメントでネットで良く売られています。

サプリメントは見たことあるけれど、実際のソウパルメットは見たことないし。

ということで探していたらハーブティー用のソウパルメットを見つけました。

早速購入して、本日の授業で生徒さんたちに見せていたのですが、

以前、ソウパルメットは匂いがきついからティーで飲むことはほとんどない、

とハーブの先生が言っていたのを思い出し、つい袋を開封したい衝動に

駆られてしまいました。

これが失敗・・・・・・

くっ~さいドクロ

バレリアンはハーブの中では悪臭No.1だと思っていましたが

その座をソウパルメットに明け渡しました。

しかし、このハーブティーになっているソウパルメット

飲んでいる人いるんだろうか。

ジアスセラピストスクール ダイアリー

これがソウパルメットです


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA