toggle
2011-11-18

コメント

10月から3期目が始まったペットハーブ

前半を終了して、細かい各論や身体的トラブルへのアプローチの方法を考えます

今日は皮膚トラブルに対するハーブ。

ワンちゃんの皮膚トラブルは多いですよね。

でも原因が複数あってそれが絡み合って発症したり、表面の皮膚が悪いのに

原因は内臓だったりと、皮膚の問題で悩んでいる飼い主さんは多いはずです。

ではこの皮膚トラブルにはこれ!

そんなハーブがあれば最高ですが、やはり原因がひとつでないことから

さまざまな角度から検証してハーブを決定していきます。

またずっと同じハーブではなく、徐々に変化していく皮膚の状態に合わせてハーブも

変えていったりと、皮膚のトラブルを解決するのは至難の業なのです。

皮膚の状態が乾いているのと、湿っているのでもハーブを使う方法も変わってきます

乾いていたら保湿が必要ですし、湿っていたら殺菌が必要なことも多く

ケアの仕方も変わっていきます。

そんな皮膚のことを勉強し、それから50種類のハーブの20種類までを

今日は勉強しました。

ふーっとため息が出るのは私だけでなく、生徒さんからも。

すっかり頭を使いました。

今晩はヘッドマッサージでもしてゆっくり休みましょう

$ジアスセラピストスクール ダイアリー
抗炎症作用のカレンデュラ~マリーゴールドです。


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA