toggle
2011-12-20

コメント

専門学校で一緒の講師の先生でドイツ菓子を作られている先生がいます。

菓子職人としてホテルやレストランにお勤めされ、その後ドイツに渡り

マイスターを取られ、今は自分でドイツ菓子工房・ムッティス・クーヘンを立ち上げられています。

火曜日の午前中にあるドッグカフェ科の授業を担当してられるので、

お昼近くになると、授業で作ったおいしいスイーツがいただけるのが、とてもうれしい!

女性講師陣の楽しみなのです。

今日はこの時期ですから、ブッシュドノエルが出来上がり、早速いただいちゃいました。

この先生の作る生クリームが私は大好きドキドキ

甘いものが苦手な私も不思議と虜になるスイーツです。

そのお菓子職人の本郷先生がシュトーレンを作っていると聞いて、私もしっかりオーダーしました。

最近よく耳にするお菓子の名前ですが、なかなか食べる機会がなかったので

とても楽しみにしていました。

シュトーレンはクリスマスに食べるケーキではなく、クリスマスを待ちながら11月ごろから

ドイツの家庭では食べるそうです。

だからクリスマスの前に食べちゃってもよいのね~

ラム酒に漬け込んだドライフルーツもケーキの生地もとても美味しい!

写真を撮ろうと思ったらうっかり食べてしまったので先生のHPの

画像でお楽しみください。

$ジアスセラピストスクール ダイアリー


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA