toggle
2011-12-23

コメント

国際動物専門学校での特別講座が始まりました。

今日は野生動物のエキスパート、私の信頼のおける大先輩の佐藤先生の講座です。

野生動物における健康チェック法を学び、自分たちが飼育している動物について

考えさせる内容です。

今回のテーマは免疫力をあげる飼育方法。

このテーマはこの3日間のテーマでもあります。それがどういうことかというのが

今日の講座。明日はそれを私が引き継ぎ免疫力をあげるアロマ(精油)

そして最後は長嶺先生による免疫力をあげるグルーミングです。

グルーミングと言ってもトリマーさん達がやるようなトリミングではなく

愛情のこもった接し方を教えてくれます。

今日の講座で私自身とても響いた言葉

『自己放棄をさせないために自己確認をさせる』これは現在カナダのトロント動物園で

実践されている動物の飼育方法だそうです。

犬が犬であるために、猫が猫であるために、鳥が鳥であるために・・・

これが大切。人間社会に飼われている動物たちが自己を放棄し(あるいは失い)

あたかも人間であるかのように生活する。これはどうなのでしょう。

犬が犬であるために自己を認識すること、これがストレスケアなのです。

動物は自分から進んで自己を放棄することはありません。そこには必ず人間が

絡んできます。飼い主が喜ぶから・・・そのために行っている様々な行動。

犬を人間と同じように扱っていませんか?犬は混同し、飼い主が喜ぶ行動を選んでしまいます。

もう一度私たちがコンパニオンアニマルと真の共生を考え直すチャンスだと思います。

今日は日ごろから心に貯まっていた大きな問題がひとつ、解決できたような

素晴らしい講義でした。いつもいつも思います。佐藤先生にはまだまだ足元にも

及ばないな・・・と。修行だな~

明日、がんばろっと!


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA