toggle
2012-01-06

コメント

お正月もあけて明日はもう7日です。あっという間ですね!

明日は7日、春の七草粥をいただく日でもあります。そこで春の七草をハーブ的に

調べてみました。

七草と言えば セリ・ナズナ・五行(母子草)・ハコベ・ホトケノザ(田平子)カブ・スズシロ(大根)

セリはビタミンやミネラルが豊富で生活習慣病の予防にも使われる日本のハーブですね。

英名ではジャパニーズパセリなんていうようです

セリ科の植物はハーブでも多く代表選手はパセリ・クレソン、アンジェリカなどです。

ナズナはシェパーズパースという英名でメディカルハーブでもよく出てきます。

利尿作用があり泌尿器のトラブルにも使われますが、強壮剤としての役割もあります。

五行は日本のハーブのようで古くから咳止めなどに使われていたようです。

ハコベはチックウィード、これも強壮剤の役割ですね。

ホトケノザ、別名・田平子は効能がちょっとわからなかったのですがシソ科の植物です。

そしてカブとスズシロ(大根)これはもう消化器を整えるためですね。

お粥にすることからもわかるようにお正月に暴飲暴食した身体を休めなさい

という古人のありがたい知恵の結集がこの春の七草。

私としては強肝ハーブなんかも入れるとよさそうな気がするんだけどな~

$ジアスセラピストスクール ダイアリー


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA