toggle
2014-11-14

ペットのためのメディカルハーブ

今日のスクールはペットハーブセラピスト養成講座でした

終盤のケーススタディの授業が中心です。

私たちセラピストは様々な角度から飼い主様のご相談を受けます。

その時に、幅広く対応できることが大切です。アロマはストレスのケアが得意ですが

メディカルハーブは健康の維持やアンチエイジングが得意です。

身体や心の不調は原因が一つではなく複合的なことが多いので、一つの答えで解決できることは

むしろ少ないと言えます。だからこそ、色々なパターンの練習問題をこなして

実践に備えます。例えば今のような寒暖差が激しい季節は自律神経の乱れが原因で

様々な不調が現れます。消化器にくる子もいれば免疫力がおちて思わぬ病気にかかる子もいます。

複合的に表れる子も多く、アロマやハーブを両方使ってケアすることも大切です。

過剰に神経質になる必要はありませんが、日常の不調を早く気づき、ケアすることが

大きな病気を招かないことです。

いつもと同じ

いつもとちょっと違う

この気づきがとても大切です。

ペパーミント

 


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA