toggle
2015-07-02

わんこの梅雨時期の体調不良には

このところ体調不良でご相談を受ける数がとても増えています

食欲不振 元気がない 嘔吐 下痢 軟便 などで

消化器系のトラブルです

飼い主さんも気持ちがおちますよね

私のところにご相談される場合はどのケースも一度、動物病院で

診断を受けていただいていますから、「どこも悪いところはない」と

言われて、飼い主さんも悩むわけですね

私たちやわんこ達は自律神経という神経に支配されています

この神経は自分ではコントロールできないものですし、身体の様々な

器官や組織に影響を与えています。

この自律神経は梅雨時のような不安定なお天気にも反応してしまいます

急に冷えたり、また急に暑くなったり低気圧も影響したり・・・

不安定な気候条件に私たちの身体は対応しようと頑張ります

そうすると自律神経の交感神経が優位になり消化器系を抑制するように

働きます。

そんな時にはアロマセラピーの精油の力を借りてマッサージが効果的です

バランスを調えるベルガモットやプチグレン、ゼラニウム

リラックスを促すラベンダー、サイプレス、イランイランたち

その子の体調や性格に合わせて精油をチョイスして

雨の日はゆっくりマッサージ。飼い主さんと一緒に過ごす時間が

安心にもつながり、次第にバランスが整います。

でも不安なときは無理せず、専門のペットアロマセラピストにご相談くださいね

きっと頼りになりますよ

■ペットアロマセラピスト養成講座 7月期募集中

■ドッグボディケアマッサージセラピスト養成講座 7月期募集中

※開講は2週目~3週目を予定しています。ご希望の方はお急ぎください

詳しくはジアスセラピストスクールHP

2013.9.15

 


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA