toggle
2018-12-28

ペットアロママッサージでオキシトシンが増加!

こんにちは!2018年も残すところあとわずかになりました。

今年最後のブログとなります

最近何かと話題のオキシトシンというホルモン

女性が出産のときに赤ちゃんを産道から押し出すために子宮を

収縮させるのを手伝ったり乳汁の分泌を促したり。

お母さんが赤ちゃんを

見つめることによって分泌が増えることから”愛情ホルモン”とも

呼ばれ、さらに犬と飼主がアイコンタクトをしたり、触れ合うことでも

分泌が増えることが実証されています。

そしてそのオキシトシンは更に研究が進みアンチエイジングに良い結果を

もたらしてくれることがわかりました。

骨粗しょう症や筋力低下の予防に役立つのです。

そのオキシトシンの分泌を促すには独特のタッチングが効果をあげているそうです。

ヒトではオキシトシンタッチというのがすでに研究されているのですが

そのタッチング方法は今まで西村が行ってきたペットアロママッサージの方法と

まったく同じ方法です。ペットアロママッサージはただ撫でるのではなく

そのスピード・圧のかけ方・掌の使い方にちょっとしたコツがあるのです。

そこで私自身、当スクールの特別講師・東小金井ペットクリニックの院長・靑沼陽子先生の

立ち合いの元、犬(チワワ 14歳)にアロママッサージを施し、血液検査を行いました。

また他の犬(柴犬 6歳)にも同様のマッサージを行いこちらは唾液での検査を行いました。

その結果、どちらも2倍強にオキシトシンの分泌が増加しました。

この結果からペットアロママッサージを行うことで飼い主さんとわんちゃんの双方に

アンチエイジングが期待できるということがわかりました。

そしてオキシトシンの分泌増加に一役買うのが精油の香りです。

オキシトシンは緊張している時には逆に分泌が低下することがわかっています。

その時々の犬や飼い主さんの精神状態にぴったりの香りを選んでこそ

オキシトシンの分泌増加を促すのです。

これからはぜひ愛犬と一緒に心地よいアロママッサージで

アンチエイジングですね。

そんなアロママッサージも体験授業でご紹介します。

ぜひ足をお運びくださいね。

1/7,8,12,14,15,19,21,22,26

午後1時~3時頃まで約2時間程度です。

場所はジアスセラピストスクールにて行います(東京・西麻布)

みなさんの御参加をお待ちしています。

お申し込みはは体験授業のページへGO

ではみなさまよいお年を!

そして来年もジアスセラピストスクールをどうぞよろしくお願いします。


スクールやペットアロマの最新情報などをお届けします!お友達追加してくださいね
<ラインID:@petaroma>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA